カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

プラステンで遊んでみよう

プラステンで遊んでみよう!

プラステンってどんなおもちゃなの?

プラステンは「木のおもちゃの王様」と言われる、本当にたくさんの遊び方があるおもちゃです。

なぜそんな呼ばれ方をするのか?それは遊ぶ子供の年齢や、発想ひとつでなん通りもの遊ばれ方をして、子供の成長に
あわせずっと、長く遊ばれる木のおもちゃであると言うことです。

プラステンの遊びの世界を紹介していきます!!

プラステンの遊び方 0歳【舐める、握るからはじまる】

プラステンの遊び方 0歳【舐める、握るからはじまる】

赤ちゃんのおもちゃ遊びってどんなんでしょう?
とにかく何でも手を出して握って、そして口に入れてあそびます。

あかちゃんはてにもった感覚、味、感触、重さを感じることが遊びなんです。まだこの世に生まれたばかりで、目にするものすべてが、 見たことの無いもの。

自分の一番発達した感覚器官である、口と手で感じることが 一番の遊びであり、勉強です。プラステンのリングは、飲み込めない大きさになっているのでどんどん舐めさせてあげてください。

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
とにかく舐めて、握ってがプラステンの最初の遊び

ベビーカーチェーンにして遊ばせることも!
箱にはいっている付属の紐・これで木のリングを何枚か通してベビーチェーンを作ってあげてみましょう。

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
紐を通すとベビーカーチェーンに ベビーベッドやベビーカーに


手で重なり合ったリングを感じたり、振るとリングどおしがカタカタッっとやさしい木のぶつかる音が!

間違いなく赤ちゃんが好きなおもちゃにはやがわり、ベビーベッドの柵につけてあげてもいいですね。

プラステンはが出産祝いにも贈られるのも納得、立派に0歳児のおもちゃを演じてます!

プラステンの遊び方 0歳後半〜1歳半

プラステンの遊び方 0歳後半〜1歳半 【とにかく抜く、抜き続ける】 

座り立ちが出来るようになってきたあかちゃん、両手をつかうのが上手になってきて、いろいろなことが出来るようになってくるころです。

このころは好奇心の塊です。 何かがあれば触る、引張る、倒すと、何かしたくて、たまりません。

棒にリングが挿さっていたならばもう「抜く」と言う衝動を抑えらるわけがありません。

ぬいて、ぬいて。すごい楽しそう  写真は一気に3枚も抜こうとしているところ

お母さんが何回戻してあげても、戻した瞬間から、また抜き始めます。

この動作のくり返しで、最初は斜めに引張って台ごと倒すこともあったのが、だんだん上手に、滑らかに抜けるようになっていきます。

そして大人がリングを何度も挿しなおす動作を見ることで「あ〜これって挿さるんだ、 自分もやってみたい!」という次の遊びへ、模倣(大人のまね)がはじまっていきます。

最初に上手に挿したのを見たときはちょっと感動物です(*^_^*)

プラステンの遊び方 1歳頃

プラステンの遊び方 1歳頃 【リングをさせるようになってきた】 

リングを抜いて、,ばら撒いていて遊んでいたある日、遊びに変化が現れます。

いつも直していた大人の 動作を真似て、リングを棒に挿してみようとちょっと難しい挑戦を始めます。最初は穴の位置がちょっとずれたり、なかなか上手にリングを棒にさせません。

何度も挑戦しているうちに、スポッとささります。あかちゃんや子供には、これがうれしくてたまりません。

もう一回、もう一回と「好奇心」と「やる気」を刺激されくり返し挿して遊び続けます。

挿して、抜いてと少しずつ器用になっていく 姿は見ているのは見守る大人もうれしくなるはず!

ささる感覚がうれしい たのしくて全部おわるまでさしつづけていました。

この頃はまだ色を気にすることなくあそぶので、同じ色が並んで無くてもまったく気にしません。

2歳頃 になると、色の違いをだんだん気にする(気づく)様になって、一生懸命同じ色のリングを探してさすようになります。

プラステンの遊び方 2歳〜3歳

プラステンの遊び方 2歳〜3歳 【ひも通しに挑戦しよう】 

手先も随分器用になってくるこの2歳頃、プラステンの箱の中をひさびさにみてみると「紐とサイコロ」がはいっているはず!

この頃に、お子様にやらせてあげたい遊びである「ひも通し」をプラステンでさせてあげましょう!

ひも通しは片手でリングを持って、片手でひもを持って通していく遊び、今までの遊びは片手だけでしたが、ひも通しは次のステップの大切な遊びです。

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
初めてのひも通し 難しい分できると本当にうれしいはず

最初は難しがる様だったら、割り箸でもいいので。棒を通すあそびからはじめると。とてもやりやすいです。

同じおもちゃでも沢山の遊びが出来るのもプラステンならでわですね。

プラステンの遊び方 3歳頃

プラステンの遊び方 3歳頃 【みんなでゲームして遊ぼう】 

3歳頃、箱の中にあった「普通のサイコロ」「色のサイコロ」、これを使って遊んでみましょう。

サイコロを使って簡単な色と数のゲームが出来ます。

とっくに決まったルールの遊びがあるわデではないのですが、ほんの一例を

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
色付きの積木など他のおもちゃにも応用できそうなサイコロがついてます

色と数であそぼう

色と数のサイコロそれぞれを振ります。右の写真のように「黄色」と「数字の4」がでたら、50枚もあるリングの中から黄色を4枚探して挿します。

とても単純ですが、子供にとってはサイコロをふるたのしさ、でてきた問題に答えて、それに正解するたのしさを何度も味わえる本当に楽しい遊びとなります。

まだ6まで数字が分からない場合は、色サイコロだけでやるのもいいですし、棒にではなくてひもに通して遊んでみるのもまた違った楽しい遊びです。

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
誰が勝つかな?

みんなでゲームをしてみよう。

プラステンには5色10枚づつ、計50枚のリング積木があるのですが、それをそれぞれ1色ずつ5人に配ります。

一番小さな子がサイコロを2つ回して、出た目の色のリング積木を持っている人がその数だけ棒に挿して生きます。

最初に手持ちの10枚全てを棒に指した人が勝ち!

単純ですが、サイコロによって勝敗が決まるので実力差がでない、小さな子も大人も対等に勝負が出来るルールのあそびなので、勝った時、本当に子供がうれしそうな顔をしてくれる遊びです。

このように、プラステンはちょっとしたアイデアで沢山のあそびが思いつくのが一番のオススメしたいポイントです。

自分だけの楽しい遊びを沢山探してください!!

プラステンの遊び方 他にもいろいろ

プラステンの遊び方 他に沢山【やっぱり木のおもちゃの王様】 

プラステンの応用こんな積みかたも挑戦してみよう

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
意外と根気がいりますが、その分完成したときは達成感が!

リングの間を渡すように、リングをはさんでいきます。

はさんだリングを一枚ずつ抜いていくと・・・

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
プラステンのリングを積む遊び 何段つめるか競争しよう

バランスゲームをしてみよう

バランスが難しい積みかたです、何段詰めるかな? ノーマルにつんでいって、どれだけ高い塔を作れるか挑戦するのもたのしいです 失敗してバタンっとたおれてもなんだか笑顔になってしまいます!

プラステン 木のおもちゃ 遊び方
レジがあると、リングがあっというまにお金になる

おままごとにだってつかえる

子供の想像力は、プラステンのリングもいろいろなものに見立ててあそぶことも

お皿の上におけば、それはクッキーになったり

お買い物ごっこで遊ぶときは、お金にみたてたり


今までにあげてきた遊びは、プラステンで出来る遊びのほんの一例です。

単純な形だから、逆に沢山の遊びが出来る、まさに木のおもちゃの王道とも言える玩具です。

ページトップへ