カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ベビーキューブの遊び方 0歳〜 【音、感触、色を楽しむ】

ベビーキューブの遊び方 0歳〜 【音、感触、色を楽しむ】 
ベビーキューブの遊び方
積み木のやさしい音とお母さんの声で赤ちゃんも安心します

0ヶ月〜 ベビーキューブでのおもちゃとの出会い

生まれてからすぐの赤ちゃん、まだ目もよく見えないで、ものを握ることもできません。

このころの赤ちゃんの一番のおもちゃはお母さんやお父さんの声をはじめとした音。

べビーキューブの一番の特徴でもあるたくさんの種類の音、耳元でやさしくなる積み木の音とでガラガラのように赤ちゃんをいやします。

 聞こえてくる音と、遊んでくれるパパママの声や匂いを感じながら聞こえてくる様々なおとはきっと赤ちゃんを癒してくれるはずです。

4ヶ月頃〜 握れるようになってきたら

この頃から赤ちゃんは少しずつ物が握れるようになってきます。

顔の近くでベビーキューブを振ってあげると、笑ってくれたり、時には手を伸ばして積み木を自分で触ろうとしてきます。

上手に握れるようになったら振って、いろいろな音を楽しんだりいつものように早速口に運んで舐めたりして遊びます。

ベビーキューブは中が空洞なので握れるようにさえなれば、まだ力がそんなに強くないこの頃の赤ちゃんにもとても持ちやすい、まさに赤ちゃんにオススメの木製の玩具です。

ベビーキューブの遊び方
お気に入りの色をさがして握って、舐めて
ベビーキューブの遊び方
目の前にベビーキューブをつんであげるとすぐに崩しにきます

10ヶ月頃〜 座り立ちが上手になってきた

座り立ちのこのころ、何でも掴んでみたり、なめたり好奇心の塊のような時期です。

ベビーキューブは「積み木」です。この頃の赤ちゃんの好きな積み木遊びと言えば、積み木崩しです。積み木を座っている赤ちゃんの前で高く積んでみてください、「つみ終わった・・」と思う前に赤ちゃんはその積み木の塔を崩しに来るはず!

崩れたベビーキューブは、「リンリン」「カラカラ」「コロコロ」っといろいろな音を立てながら散らばっていきます、その音と崩れていく様に赤ちゃんは大興奮で喜んでくれるはずです。

ページトップへ